ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

22年目の告白-私が殺人犯です-

「劇場型犯罪」?

22nennme.jpg


おもしろかったのは、いつも仰々しい演技がもう食傷気味な藤原竜也が劇中劇みたいな「役者」であること。
「劇場型」役者なら仰々しさもコレでいいじゃんって、それが面白い!
床屋的には、伊藤英明の髪型で22年を表現してるところとかww
仲村トオルのカリスマジャーナリスト役もよかった気もします。

異常事態の緊張感、展開の速さ、どんでん返し、安っぽいけれど分かった上で楽しめました♪

(allcinema解説)
2012年の韓国映画「殺人の告白」を「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」の入江悠監督、「MONSTERZ モンスターズ」「僕だけがいない街」の藤原竜也主演でリメイクしたサスペンス・ミステリー。未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件を巡り、犯人が突如名乗り出て告白本を発表したことから、被害者遺族や担当刑事、マスコミを巻き込んで新たな一大事件へと発展していくさまをスリリングに描く。共演は伊藤英明、仲村トオル。
1995年。東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、ついに事件は時効を迎えてしまう。すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、瞬く間に本はベストセラーとなり、日本中に賛否渦巻くセンセーションを巻き起こす。遺族がそんな曾根崎に対して憎悪を剥き出しにする中、事件を追い続けてきたジャーナリストの仙堂が曾根崎を自身の番組に出演させるのだったが…。



■ 22年目の告白-私が殺人犯です- ■ (2017)

オキニイリ度

Comment

Add your comment