ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

レディ・プレイヤー1

ガンダムの実写映画化は初ではないでしょうか?



音楽や小ネタが単純に楽しめました。

現実にネットのゲームのなかでこういう世界はすでにありますよね。
ゲームのVR化が進めばほんとうに近未来はこんな感じだろうと今と地続きに感じました。
70年代にブロック崩しやスペースインベーダーにはじまったゲームというメディアは80年代には多くのキャラクターやアニメや映画ともリンクしはじめ、90年代まで進化しながら2000年代のネットと遂には繋がり、今まさにVR元年というところまで来ました。
現実世界ではその技術の恩恵でAI機器の家電化、もうすぐ自動運転の自動車も走ります。もちろんドローンもすでに飛んでいますし。
その歴史を、とりわけスピルバーグにリスペクトの原作をスピルバーグ本人の演出で…という映画化は、まさに稀代の1本となっていると思いますね (*`Д´)ノ!!!

映画化不可能と言われていたものを、スピルバーグならと、様々な著作権をクリアしたと聞きます。

ガンダムの実写映画化は初ではないでしょうか?まぁ、CGですけども(;´Д`)
あと、言わせてもらえば、スター・ウォーズは日本の影響を受けてることが有名ですが、ガンダムもまたスター・ウォーズの影響が濃いんですよ。
ビームサーベルはライトセーバーだし、映画をみていて、逆輸入の逆輸入の..え~と、どうなんだ?ってなりました(^_^;)

今後も応援したい!陽モノ系(シリアス系でないほう)のスピルバーグ映画!
次はジュラシックパークですなw

(allcinema解説)
「AKIRA」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「ストリートファイターII」をはじめ80年代の日米ポップ・カルチャーがふんだんに盛り込まれていることでも話題を集めたアーネスト・クラインのベストセラー『ゲームウォーズ』を、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSFアドベンチャー大作。現実世界の荒廃が進む近未来を舞台に、あらゆる願望が実現する新世代VR(バーチャル・リアリティ)ワールド“オアシス”で繰り広げられる壮大なお宝争奪戦の行方を、驚きの有名キャラクターの数々と最新の映像技術を駆使した圧倒的臨場感で描き出す。主演は「MUD マッド」のタイ・シェリダン、共演にオリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン、マーク・ライランス。また日本からも森崎ウィンが参加。
 2045年の地球。街が荒廃する一方で、若者たちはVRワールド“オアシス”に夢中になっていた。そこでは誰もが好きなアバターに姿を変え、自分の思い描く通りの人生を生きることができた。そんなある日、オアシスの創設者ハリデーが亡くなり、彼の遺言が発表される。それは“アノラック・ゲーム”と呼ばれ、彼が仕掛けた3つの謎を解き、オアシスに隠されたイースターエッグを最初に見つけた者には莫大な遺産に加え、オアシスの後継者としてその全権を与えるというものだった。この驚くべきニュースに世界中の人々が色めき立つ。現実世界に居場所がなくオアシスだけが心の拠り所の17歳の青年ウェイドもこの争奪ゲームに参加し、オアシスで出会った謎めいた美少女サマンサら大切な仲間たちと力を合わせて3つの謎に挑んでいく。そんな彼らの前に、恐るべき野望を秘め、邪悪な陰謀を張り巡らせる巨大企業IOIが立ちはだかるのだったが…。



■レディ・プレイヤー1■ (2018)

オキニイリ度

Comment

Add your comment