FC2ブログ

ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

映画。音楽。読書。自転車。その他。TB歓迎。

アンジェラ

アンジェラ
リュック・ベッソン監督が、99年の「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりに自らメガフォンをとり、パリを舞台に全編モノクロ映像で撮り上げた異色のラブ・ストーリー。主演は「アメリ」のジャメル・ドゥブーズとスーパーモデルとしても活躍する「ファム・ファタール」のリー・ラスムッセン。
アンジェラ スペシャル・エディション
角川エンタテインメント (2006/10/20)
売り上げランキング: 7493
おすすめ度の平均: 3.5
4 これは、面白い
2 ベッソンの脳みそって小学生か?w
4 内面に目を向けることを力技で強引に観客に意識させる変な映画

パリに暮らすアンドレはギャング絡みの借金が原因で48時間後には殺されてしまう運命に陥ってしまう。
絶望してアレクサンドル三世橋からセーヌ河を見下ろすアンドレ。何も思い残すことはないと覚悟を決めた矢先、隣に現われた美女が、いきなり川に飛び込んだ。
思いもよらぬ事態に、とっさにアンドレも後を追い無我夢中で彼女を助け出す。これがきっかけで、この絶世の美女アンジェラは、戸惑うアンドレをよそに、彼の後を付いて回るようになるのだった…。

http://angel-a.jp/

ソツないかんじは吉とでるか凶とでるか残念ながらフランスなんかじゃ見向きもされなかったそうですが。
カタカナで「アンジェラ」よりも原題の「ANGEL-A」表記がなかなか意味深で「エンジェルA」なんですよね。
カメラワークもオシャレでアンジェラに羽根が生えているみたいに撮ってみたりこだわりは余裕をみせてくれるなぁと思って見てたんだけど終始余裕の展開、終わってみてはじめて余裕というか精一杯なアーティスティック描写だったのかもと結局は随分アッサリした映画だったなぁという感想になります。
ある男の川の中でもがいて岸にあがるまでの時間を止めて妄想したよしなしごとファンタジー。
リュック・ベッソンが長い間、製作などで甘い汁を吸って沈黙していて、久々に監督した作品はどうにも「小品」でお世辞にも秀作ではなかった。
ただ、湯水のように制作費を垂れ流して作った作品でこの内容では流石に怒りたくなったけれど、そもそもビッグネームがミニシアター系の小品ファンタジーを撮った感がアリアリなので、ソレはソレでまぁ普通。そこそこ。
★★★評価ですかね。

109シネマズは、今日は22日で、「夫婦の日」カップルデーということで2人で2000円でした。普通に月曜日なのでメンズデー狙いで僕の分だけ安けりゃと思ってたのにラッキーでした。

http://www.109cinemas.net/

 映画

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  アンジェラ
  •  セーヌ河からの身投げ・・・『橋の上の娘』のパロディかと思ったら、そうではなかったようだ・・・
  • 2006.05.22 (Mon) 17:39 | ネタバレ映画館
この記事へのトラックバック
  •  ■アンジェラ
  • 多額の借金を作ってしまったアンドレ(ジャメル・ドゥブース)は借金取りから、「48時間以内に金を返済しなければ命はない」と宣告される。途方に暮れた彼がセーヌ川に身を乗り出そうとその瞬間、隣に現れた謎の美女アンジェラ(リー・ラスムッセン)が先に川に飛び込
  • 2006.05.23 (Tue) 01:25 | ルーピーQの活動日記
この記事へのトラックバック
  •  アンジェラ
  • 6年の沈黙を破ったリュック・ベッソン最新作[:拍手:]構想10年、『レオン』と『フィフス・エレメント』の間に想像したと言われる本作。「10本撮ったら、映画監督を引退する!」と、“のたまっていた”ベッソン監督の本作が10本目!ぎょえ~、んじゃ~引退すんの?[:が
  • 2006.05.26 (Fri) 13:42 | UkiUkiれいんぼーデイ
この記事へのトラックバック
  •  アンジェラ(映画館)
  • 生まれてはじめて誰かを愛しいと思った。CAST:ジャメル・ドゥブーズ/リー・ラスムッセン/ジルベール・メルキ/セルジュ・リアブキン 他■フランス産 90分なんだか退屈だった。なんせ90分しかないのに、とっても長く感じてしまった・・・。主人公の傲慢さが嫌だった。あ
  • 2006.05.27 (Sat) 14:56 | ひるめし。
この記事へのトラックバック
  •  映画「アンジェラ」
  • 原題:Angel-A身長180cmの娼婦の姿で、天使が舞い降りる。閉ざされた心の中を、頑なな愚かな男の、心の内面を解放し、その男を救うためにやってきた・・・。 社会の底辺で蠢く借金まみれのダメ男のアンドレ(ジャメル・ドゥブース)と、スーパーモデルの肢体を持つ謎の
  • 2006.05.28 (Sun) 02:08 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
この記事へのトラックバック
  •  ★「アンジェラ」
  • フランスのリュック・ベッソン監督が6年ぶりに監督した作品だって。最近は製作とか脚本のほうを担当してたみたい。この人の作品・・・ひらりん、苦手なのが多かった・・・「タクシー・シリーズ」とか、「クリムゾン・リバー2」とか・・・しかも、今回は白黒作品だし・・・
  • 2006.06.07 (Wed) 03:59 | ひらりん的映画ブログ
この記事へのトラックバック
  •  【洋画】アンジェラ
  • A+  面白いA     ↑A-B+B    普通B-C+C     ↓C-  つまらない『評価』 B(演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役4/魅力2/テンポ3/合計30)『評論』監督が
  • 2006.12.12 (Tue) 15:13 | ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
この記事へのトラックバック
  •  映画「アンジェラ」
  • 2006年27本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ジャンヌ・ダルク」リュック・ベッソン監督作品。パリを舞台に全編モノクロ映像で撮り上げた異色のラブ・ストーリー。リュック・ベッソン監督の6年ブリ10作品目の監督作品ということで、少しは期待しましたが、期待した...
  • 2007.01.24 (Wed) 11:16 | しょうちゃんの映画ブログ
この記事へのトラックバック
  •  『アンジェラ』’05・仏
  • あらすじアンドレ(ジャメル・ドゥブース)は、セーヌ河に身投げをしようとしていたが、ふと横を向くと同じ様に身を投げようとしていた謎の美女アンジェラ(リー・ラスムッセン)がいた・・・。感想リュック・ベッソン監督が、第1作『最後の戦い』と同じく、モノクロで撮..
  • 2007.04.05 (Thu) 23:06 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
この記事へのトラックバック
  •  アンジェラ
  •  『泣き虫で凶暴 出逢うはずはなかった 君は天使』  5/13に公開になったコチラの「アンジェラ」は、リュック・ベッソンが「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりに監督した映画なんですよねぇ~。しかも、10年前に既にこの映画の構想は考えられていたそうで、リュック・ベ
  • 2009.07.03 (Fri) 23:14 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡